実見した簡易軌道の保存車両

 

 

写真サイズを大きくして詳細を記しました。各タイトルをクリックすると詳細ページに移動します。

浜中町営軌道

泰和車両1964年製、自走客車

(解体済み)

 

訪問日、198391

 

浜中町営軌道

1965年釧路製作所8tDL

(現存)

 

訪問日、2008616

鶴居村営軌道

泰和車両製、DLと自走客車

(移動後に現存)

 

訪問日、1995103

別海村営軌道

加藤DLと釧路製作所自走客車

(現存)

 

訪問日、2008616

<番外編>

別海村営軌道

奥行臼に見る建物の話

軌道事務所編

車庫他:編

 

訪問日、2008616

2010年現在、浜中町営軌道の自走客車や幌延町営軌道の車両は失われてしまいました。現在残されている車両は、運輸工業製6tDL(動態:丸瀬布)1両、泰和車両製6tDL(鶴居)1両、釧路製作所8tDL(浜中・歌登)2両、加藤6tDL(別海)1両、泰和車両8t自走客車(鶴居)1両、釧路製作所8t自走客車(別海)1両、釧路製作所ミルクゴンドラ(別海)1両、の計7両です。その中でも待合室兼職員住宅と共に、往時の面影をかろうじて残す奥行臼は白眉だと思います。

201025日 記

戻る