簡易軌道レイアウトIVV

15年目の宿題(序)

 

 

 何故に「宿題」なのかは『軽便探訪』の簡易軌道のページをお読みになっていただければ一目瞭然です。或いは『鉄道模型趣味』200111月号でもよろしいでしょうか?(^^;。新井清彦先生にリクエストを出しただけで、それに対しての答え(=御礼)を発表していないまま、今は2016年なので15年も過ぎてしまいました。たぶん先生は既にお忘れになっているでしょうし、答えを発表する必要性はありませんが、これは私自身の矜持です(笑)。「簡易軌道」に関しても、ようやく各種写真がまとめて発表される時代を迎え、レイアウトを作る上では大まかな資料写真も揃いましたので、併せて自身の“集大成としての簡易軌道レイアウト”を作ります。

 

以下は2014年の第10回軽便鉄道模型祭へ出展した、〜庶茂内村営軌道〜広加内線です。

(ひろかない=北海道なのに広かぁない、転じて広くないレイアウトだよねって事:笑)

 

 

この広加内線は、細かな仕上げを済ませないまま、永い眠り!?についています。

 

それじゃぁ、いかんだろう?

 

という事で、このレイアウトに若干スペースを追加して、今こそ宿題を片付けようと思っています。

題して、今度はスペースが少し広かんべぇ〜。って事で、庶茂内町営軌道〜広寒別線〜の始まり始まり。

 

戻る   続く