高崎線の客車鈍行列車の想い出

 

 

鉄道趣味に目覚めた昭和50年(1975〜)以降、地元高崎線には旧型客車を使った普通列車が下り2本(朝1本・午前中1本)、上り2本(午後1本・夜1本)の計4本残っていました。昭和5310月の改正で朝の上りと夜の下り1本ずつに減ったものの、昭和5711月ダイヤ改正(上越新幹線開業)まで走り続けていました。「列車が止まるまでお待ちください」「飛び乗り・飛び降りはお止めください」の駅アナウンスが懐かしく想い出されます。今では考えられませんが高崎線では昼間(正午)を挟んで1時間ほど全く列車の走っていない時間帯が存在していました。その午前中最後の上野発と午後2番目に動く上野行きが客車列車でして、特に午後の列車は快速運転だったこともあり珍しがって好んで利用しました。実際には電車と比べて足の遅い客車列車を運転させる苦肉の策だったらしいです。これら客車列車が遅くまで残った要因は郵便荷物の輸送でした。

列車番号23212325232223264本中、最後まで残ったのは23212326でした。手元に197512月の時刻表がありますので、そこから時刻を拾ってみると、

2321        上野6:208:57高崎

2322        高崎12:2714:31上野

2325        上野10:5213:15高崎

2326        高崎19:1321:32上野

 

 232223252本は高崎線内だけの記憶の片隅にしか残っていませんので確かな事は書けませんが、23212326は列車番号こそ違えども信越本線への直通車両を連結していました。

 

1980726日 2326レ 高崎線内上野方面より

 

EF58 174[高二]

マニ36 2337

オユ10 2571

スハフ42 2003

オハ47 2320

オハ46 2928

オハ35 2557

オハ35 2560

スハフ42 2004

オハフ45 2004

オハ46 2032

オハ46 2015

オハ46 2029

オハフ45 2003

 

※ 昭和53年(197810月改正以前は、まだ尾久や高崎に10系座席車の配置がありましたので、いろいろな写真を見ると更にバラエティー豊かな編成だったようです。(とは言え32系や61系は使われていませんでした)

画像は2321レ 1982年夏に撮影

 

 

<執筆途中>