蒲原鉄道1

19838

 

 

 

初めて“蒲原鉄道へ行きたい”と思ったのは、ダイヤ情報で3連(モハ81−クハ10−モハ91)の話を読んだ時でした。加茂〜村松が廃止になったのが1985年(昭和60年)だったので、そろそろ区間廃止の声が聞こえてきた頃だったように記憶しています。それでも乗り鉄スタンスでしたから、廃止区間で撮り鉄をする事は全く考えずに、全線乗れれば良い程度、ついでに朝の3連に乗れれば(撮れればでは無い)良い程度の考えしかありませんでした(苦笑)。この日は朝早くに五泉から入りまして村松で撮影し加茂へ抜けました。

 

まだ貨物扱いをしていた頃です。待っていれば動く姿が見られたはずです。当時は、それが貴重な姿になると、後に記録として大切になると、思いもしませんでした。全てに於いてこんな調子でした。側線に居並ぶのは既に使われなくなったモハ11とモハ51です。

 

 

朝の3連が走る

 

毎日走っていた訳ですから殊更に別立てする必要も無いのですが、蒲原へ行った目的が、朝のラッシュ時に走る3連を見る事でしたのでご勘弁ください。場所は村松駅の直ぐ五泉側です。

編成は村松側からモハ91(元山形交通三山線)・クハ10(元国鉄キハ05)・モハ81(元越後交通長岡線)です。

モハ81:昇圧された越後交通長岡線からの譲渡車。

 

クハ10:元国鉄キハ05。最晩年まで活躍したキハ→クハ改造車

 

モハ91:元山形交通三山線。12m級車両。ブレてしまいました(泣)

 

この日、五泉から乗車した車両はモハ3141だったと思います。村松で降りてから3連が何時頃村松を出発したのか覚えていません。ネガを見ると村松進入から撮影していますので、最低でも村松〜五泉〜村松〜五泉〜村松と2往復していたように思えます。この時、何を勘違いしたのか!この3連が加茂まで行くと思って慌てて駅へ戻り、ホームで待っていましたら、加茂行きはモハ61が充当(当然!)されており、駅員さんに急かされるままモハ71に乗車してしまい、ホームで撮影する機会を逸してしまいました。結局そのまま加茂まで乗車しましたので、朝の3連を見たのはこれが最初で最後となってしまい、乗る事も叶いませんでした。

加茂

 

途中で下車して撮影することも、交換駅でホームへ降りて撮影することも、車内から車窓を撮影することもなく、加茂へ着きました。あの当時、駅で電車から降りて撮影していると怒られる(子供の頃にいろいろとあったのよ)と思っていましたので、車内で大人しく座っていましたけど、今にして思えば、そんな窮屈に考える事は無かったですよね(苦笑)。

 

2011417日 記

戻る 次へ